コンピュータセキュリティ

セキュリティ対策とデータの消失の危険

コンピュータセキュリティ インターネットでのセキュリティ対策ではサイバー攻撃などが中心になっていますが、同じ危険性では、例えばデータが消失してしまうという危険性もあります。ハードディスクが壊れてしまったり、天災などや火事、洪水などで使えなくなったりしてしまう場合の問題もあります。私の以前の職場で実際にあったことですが、台風での雨での防水ようにカバーをビルの屋上に敷いていたところ、そこに雨が降り、その防水シートに溜まりすぎて、台風で綱が切れてしまい、隣のビルの事務所に流れ込んでしまって、電子機器などすべてが水浸しになり、保障も大変だったようでした。そのようなことも起こるかもしれないということです。そのような場合の対策も必要になります。

そうなると素人では無理で、専門の情報のレスキューの企業を通して対策を立てないといけなくなりますが、そのような専門の企業も知っておかないといけないのが、今のインターネットのセキュリティ対策ということになります。もちろんサイバー攻撃の対処も必要ですが、そのような地震や火事や洪水などの対策も立てておき、バックアップの分散もしておかないと、それらの情報が貴重であればあるほど対策も必要になってくるということになります。インターネットのセキュリティ対策では準備すべきことがたくさんあるということになります。

お役立ち情報



Copyright(c) 2022 コンピュータセキュリティ All Rights Reserved.